【公会計】維持補修費のサマリ

スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)

はじめに

維持補修費とは、地方公共団体が管理する公共用施設等の効用を保全するための経費です。

かみ砕いて言うと、団体の財産(建物や備品など)の修繕にかかった費用のことです。

維持補修費の分析

維持補修費は、地方公共団体が所有・管理している施設数によって、また、損耗の度合いによってその金額が変わってきます。

単純に維持補修費額で分析をすることは適切でありません。

ただし、維持補修費が著しく多額の場合は、地方公共団体の所有する施設の建替え・入替え等の時期に差しかかっている可能性を考慮すべきです。

地方公会計統一基準での仕訳

(PL)維持補修費 / (CF)物件費等支出

総務省マニュアル上での定義は「資産の機能維持のために必要な修繕費等」です。

関連ユニット
スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)
スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です