【負債】引当金の会計処理・超基礎

スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)

引当金の計上要件

引当金の計上要件は4つです。

税理士試験の受験生は暗記必須です。

  1. ①将来の特定の費用または損失であること
  2. 発生が当期以前の事象に起因すること
  3. 発生の可能性が高いこと
  4. 金額を合理的に見積もることができる

①は「将来、価値費消事実が生じること」と言い換えることもできます。

③は引当金と未払費用の違いのうちのひとつです。

引当金はまだ発生していませんが、未払費用はすでに費用が発生しています。

引当金計上のメカニズム

将来の価値費消事実をその発生原因に基づき(引当金繰入額)として計上した結果、

その貸方項目として負債(引当金)が計上される

引当金計上の根拠と目的

引当金計上の根拠

  1. 発生主義の原則
  2. 費用収益対応の原則

引当金計上の目的

費用と収益の適正な対応を可能にし、期間損益計算の適正化を図る。

そのために、将来の費用と損失を当期の費用と損失として見越計上する(貸方項目が引当金である)。

関連ユニット
スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)
スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です