【簿記の基本】貸借対照表の区分

スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)

資産の部

流動資産

 1年以内に現金化する(できる)資産のことです。
 例:現金、預金、当座預金、商品、短期貸付金

固定資産

 現金化を1年より先にする資産のことです。
 例:土地、建物、有価証券、ソフトウェア、長期貸付金

繰延資産

 すでに代価の支払が完了しているが、その経済的効果が将来にわたって及ぶものです。
 例:創立費、開業費

負債の部

流動負債

 支払までの期間(弁済期間)が1年以内の負債のことです。
 例:未払い費用、賞与引当金、短期借入金

固定負債

 支払までの期間(弁済期間)が1年を超える負債のことです。
 例:退職給付引当金、長期借入金

純資産の部

 法人の元手や、利益の繰越額、利益の積立などです。
 例:資本金、利益剰余金、その他の積立金

関連ユニット
スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)
スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です