【贈与税】相続対策で110万円以上の贈与をするのが良い?

スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)

年間110万円までであれば贈与税はかからない

 年間の合計額が110万円までの贈与であれば、その贈与は課税対象になりません。税金がかからないため、世代間の財産移動に役立つ税務知識となっています。
 贈与のたびに双方が合意し、贈与契約書を作成することが必要です。

年間111万円の贈与を行う

 年間111万円を贈与することも、贈与計画の選択肢の一つとして挙げられます。
 110万円を超えた1万円分に関しては、10%の税金が課せられますが、その納税(1千円)に関する書類をもって、贈与契約の証拠とする方法です。資産移転の証拠が確実に残るため、贈与契約書だけの作成では不安な際にとられている方法となります。

年間310万円の贈与をする

 年間310万円ずつ贈与していくことも、生前贈与の手段として考えられます。
 年間110万円を超えた金額が200万円までは、税率が10%です。なので310万円であれば、課せられる税は2万円です。
 年間110万円のケースと比べた場合、10年間では贈与金額に2000万円もの差が出ます。その差に対して税金は20万円です。
 速やかに財産の移転を行いたい場合や、他の節税手段と比べてメリットが大きい場合に活用したい方法です。

関連ユニット
スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)
スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です