【節税】別れた後、税金が安くなる「寡婦控除」とは

スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)

「寡婦」と認められれば税金が安くなる

 夫と別れた女性は、年末調整や確定申告で「寡婦」と認められれば、税金が安くなります。
 では、どのような場合に「寡婦」と認められるのでしょうか。

税制上の「寡婦」

 税金の計算をする上での「寡婦」の条件は2つあります。どちらかに当てはまれば、寡婦と認められることになります。

寡婦の条件①

夫と離婚or死別したあとに再婚していないこと、あるいは夫が安否不明/総所得金額が38万円以下の生計を一にする子どもor扶養親族がいる

寡婦の条件②

夫と死別した後or夫の生死が不明となった後に再婚していない/自身の所得金額が500万円以下

寡婦控除の金額は

 上記のいずれかの条件に当てはまれば、税金の計算の際に27万円の寡婦控除(所得控除)が受けられます。
 該当するかどうか、早めに確認しておきたいものです。

関連ユニット
スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)
スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です