【節税】障害者控除について

スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)

障害者控除の適用

 納税者本人または扶養親族が障害者であるときは、確定申告や年末調整の際に「障害者控除」という所得控除が適用できます。
 税務上の「障害者」であれば、27万円、「特別障害者」であれば40万円の所得控除が受けられ、節税につながります。

税務上の「特別障害者」

 税務上の「特別障害者」とは、以下のような状態の人を指します。

  • 障害者等級が1級あるいは2級(身体障害者手帳による)
  • 障害者等級が1級(精神障害者保健福祉手帳による)
  • 常に精神上の障害があり、物事の判断能力を著しく欠く
  • 年末時点で、6ヶ月以上にわたって身体障害で寝たきりになっている

同居特別障害者

 さらに、「特別障害者」である配偶者を同居で介護をしているような場合には、納税者の障害者控除は75万円となります。

おわりに

 介護が必要な人を扶養しているような場合は、所得控除を活用できることがあります。
 適用されるかどうか、確認してみるのがよいでしょう。

関連ユニット
スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)
スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です