【簿記の基本】2つのリース取引

スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)

ファイナンス・リース取引

 ファイナンス=資金調達。
 リース会社が借り手の代わりに資金調達や資産購入をする。
 資産の所有権は契約上リース会社にあるが、実質は借り手にある。そのため原則として、通常の売買取引と同じような方法で会計処理を行う。
 リース期間満了時に借り手に所有権が移る「所有権移転ファイナンス・リース取引」と移らない「所有権移転外ファイナンス・リース取引」がある。
 「ノン・キャンセラブル」と「フル・ペイアウト」を満たすリース取引をいう。

ノン・キャンセラブル

 リース契約の期間中は途中で解約ができない。

フル・ペイアウト

 万が一途中契約をする場合には、残存リース料に加えて違約金を支払う必要が生じる。

オペレーティング・リース取引

 「ノン・キャンセラブル」と「フル・ペイアウト」を満たさないリース取引をいう。
 賃貸借取引と同じような会計処理を行う。

関連ユニット
スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)
スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です