【損金算入】役員給与を毎月同額で計上しなければならないのはなぜ?

スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)

役員給与を毎月同額で計上することの理由は?

 役員給与を会社が支払っている場合、その金額は、毎月一定にするのが基本です。
 そうすることで「定期同額給与」とみなされ、損金算入ができるからです。

役員給与で利益操作をしてはならない

 対して、役員給与を毎月増減させるような経理をしていると、各月の給与金額は損金として認められません。

 どうしてそうなるかというと、役員報酬を変動制にしてしまうと、会社に大きな儲けが出たときに、「どうせ税金でとられるなら、役員に払ってしまえ」という考え方ができるためです。
 これは「利益操作」とされ、あってはならないこととされています。

 ちなみに金銭以外で役員になにか報酬を与えることも可能ですが、それも毎月決まった金額のものを与えるのでなければ、損金算入できなくなってしまうので、注意の必要があります。

関連ユニット
スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)
スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です