【社会福祉法人】利用者等外給食収益と費用

スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)

どんなときに計上するか?

 利用者等外給食収益あるいは費用は、どんなときに計上するかというと、利用者以外に食材or食品を提供したときです。
 等外=それ以外、これらはほとんど同じ意味です。

 体験利用を提供し、その食事代を頂いたときに収益を計上します。

 なお、消費税の非課税は適用されませんので、消費税がかかります。課税売上として扱います。

利用者以外とは?

 では、「利用者以外」とはどのような人が当てはまるのでしょうか。
 職員、受け入れた研修生、体験入所者などが当てはまります。
 社会福祉法人の施設サービスを利用する人以外の方です。

仕訳例

※体験入所に訪れた方に給食を提供し、昼食代として300円を受け取った(食材費300円)。

利用者等外給食費用 300  / 給食費 300
現金預金 300 / 利用者等外給食収益 300

 給食費は食材を仕入れたときに

給食費 5,000 / 事業未払金 5,000

 などと処理していると思われます。
 その給食費を「利用者等外給食費用」へ振り替えます。

 原則として、ここで受け取るお金は「食材にかかったものと同額」とされています。
 この場合は「利用者等外給食収益」を300円計上します。

間違えやすいケース

 本来は他の費用科目で計上すべきであるのに、誤って「利用者等外給食費用」に計上してしまうケースを以下に挙げました。
 今一度、確認してみてください。

× 調理職員や栄養士の給料
→ ○ 人件費 へ計上

× 給食業務の外部委託費
→ ○ 業務委託費(事務費) へ計上

× 会議で使用した弁当、茶、菓子
→ ○ 会議費(事務費) へ計上

× ボランティアの方に出すお菓子
→ ○ 雑費(事務費) へ計上

関連ユニット
スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)
スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です