「 評議員 」一覧

【社会福祉法人】「特別の利益供与が禁止されている関係者」とは

【社会福祉法人】「特別の利益供与が禁止されている関係者」とは

 社会福祉法第26条の2によると、社会福祉法人は、その事業を行うに当たり、次に掲げる者に対し、特別の利益を与えることはできないとされています...

記事を読む

【社会福祉法人】法改正後、最初の定時評議員会までに行うべきこと

【社会福祉法人】法改正後、最初の定時評議員会までに行うべきこと

決算理事会の開催  大まかにいうと、やるべきことは4つです。 計算書類等の承認 新しい理事・監事の候補者の承認 社会福祉充...

記事を読む

【社会福祉法人】備え置き・保存資料について

【社会福祉法人】備え置き・保存資料について

 法律の定めにより、社会福祉法人が備え置き、あるいは保存しておかなければならない資料についてまとめました。  指導監査時におけるチェックリ...

記事を読む

【社会福祉法人】指導監査の指摘事項例

【社会福祉法人】指導監査の指摘事項例

社会福祉法人の指導監査において口頭・書面で指摘されるおそれのある事項についてまとめました。お役立てください。 法人運営 □会計計責任者に...

記事を読む

【社会福祉法人】法改正 定款変更チェックシート

【社会福祉法人】法改正 定款変更チェックシート

必要的記載事項 チェックシート  以下の必要的記載事項について、すべて記載されていますか。 目的及び事業 名称 法人所在地...

記事を読む

【社会福祉法人】法改正後 役員等の任期の変動について

【社会福祉法人】法改正後 役員等の任期の変動について

役員任期の変動  法改正による新たな定款では、役員等の任期が変動します。  評議員の任期は原則として「選任後4年以内に終了する会...

記事を読む

【社会福祉法人】評議員は予算について承認しなければならない?

【社会福祉法人】評議員は予算について承認しなければならない?

評議員の決議事項に「予算の承認」を入れると   現在国から出されている定款例においては、評議員の決議事項として「予算」に関する事項は盛り込...

記事を読む

【社会福祉法人】法改正ですべきこと ポイント5つ

【社会福祉法人】法改正ですべきこと ポイント5つ

定款の変更  すべての社会福祉法人は、評議員や役員、会計監査人などに関する事項を盛り込んだ新しい定款を作成しなければなりません。  厚生...

記事を読む

【社会福祉法人】新定款へ変更のさい必須の記載事項は?

【社会福祉法人】新定款へ変更のさい必須の記載事項は?

すべての社会福祉法人が定款を変更する  平成29年4月1日施行の社会福祉法改正に伴い、すべての社会福祉法人が、定款変更の手続きを行わなけれ...

記事を読む

【社会福祉法人】法改正 新定款についてまとめ

【社会福祉法人】法改正 新定款についてまとめ

評議員定数  理事の員数を超える数が必要です(理事の員数の下限が6名なので、評議員はそれを上回る7名が下限)。 一定規模以下の法...

記事を読む

【社会福祉法人】法改正 FAQのポイント

【社会福祉法人】法改正 FAQのポイント

社会福祉法改正に関するFAQ  厚生労働省から、社会福祉法改正に関するFAQ(事務連絡)が出ています。  ※厚生労働省のホームページから...

記事を読む

スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)