【簿記の基本】年収103万円が扶養親族の収入ライン

 扶養親族がいるときに、扶養されている人が年間103万円を超える給与所得を得てしまうと、その人は扶養親族から外れることになります。

 給与所得の計算では「基礎控除38万円」と「給与所得控除65万円」が使われます。
 それらを合計した103万円を超えない限り、給与として課税されないことになります。

 したがって、家族の扶養に入っている人は、年間の給与が103万円を超えないように調整することがあります。

関連ユニット
スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)
スポンサーリンク
BOKI-レスポンシブ(大)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です